唇 乾燥

口紅があらぬところに付着してしまうことを防ぐために。

口紅が、前歯についている人を見たことがありませんか?

 

友人がよくその状態になってしまっており、教えてあげたいのですが、教える方も教えられる方も恥ずかしい気がして、お手洗いに誘ってみたり、それとなく鏡に誘導したりして気づいてもらえるようにしていました。

 

もちろん自分にとっても他人ごとではないので、口紅を付けた時は前歯についてしまうことが気になって、ついついいろいろな鏡で確認してしまいます。
以前、はりきって出かけたデートの途中、彼に「前歯に血がついてる!」と言われ慌てて鏡を見たところ口紅だった、ということがありました。
(でも口紅がついていたと言うのが恥ずかしく、「唇の裏側が傷になってたみたい」と苦しい言い訳をしたことを覚えています。

 

もし彼が口紅だとわかって指摘をしてくれていたら・・・
(それこそ恥の上塗りのような言い分けだったかもしれませんが、今となってはわかりません!)

 

口紅が前歯についてしまうのは、もちろん、口紅を唇の深い部分まで「塗りすぎてしまった」ということもあるようですが、前歯の乾燥が原因になることもあるようです。
歯が乾燥していると、口紅が付着しやすいので、きちんと水分補給をしたり、こっそり前歯に舌を滑らせて潤いを保つことで付着しにくくなるといわれ、乾燥が気になるときは特に気を付けていました。

 

またコスメカウンターではきちんと対応してもらえるものの、自分ではなかなか実行していなかったのが、口紅を塗った直後のティッシュオフです。

 

それだけの為にティッシュを使うのももったいないし・・・と思っていたのですが、口紅が前歯についたまま知らずにいるよりは断然マシです。

 

過剰に塗って、唇から浮いてしまった口紅は、すでに「どこかに付着したい」状態です。

 

コーヒーを飲めばカップに、ふいに触ってしまえばその指に、そして前歯に。
くっきりと跡を残してしまうことになります。

 

ティッシュオフすることで「どこかに付着したい」状態の口紅をしっかりと落とし、唇にきちんと定着する分だけの口紅が残るので、見た目にもすっきりときれいになります。
友人はこの方法でかなり前歯への付着が防げたので、口紅を付けた時は必ずティッシュオフをするようになりました。

 

ティッシュが無いときは指で軽く撫で、余分な口紅をオフするとともに、唇のシワまできちんと口紅が定着するようにケアしています。

 

こんな小さな気遣いで「前歯に口紅がつく」という恥ずかしい状態を防げるので、気にしてきちんとケアするようになりました。

 

また、落ちにくいと言われる口紅は、他のものへの色移りも軽減できるようなので、口紅自体を変えてみるのも良いかもしれません。
ただしその場合は、クレンジングを利用してしっかりとオフすることも忘れずに。

 

せっかく選んだ口紅、自分はもちろん相手にも気まずい思いをさせるような状態になってしまっては台無しです。

 

メイクの大きなポイントともなる口紅なので、よりよく魅せるためにも、できる限りの予防策とケアをして、前歯への付着を防ぎたいものです。

 

 

 

>>>アテニア口紅【プライムルージュ】を○○より−12%で買う方法

関連ページ

唇が荒れた体験談
冬になると必ず唇が荒れる・・そんな時どうしますか?唇の荒れに悩む人の体験談です
口紅のプレゼントの体験談
口紅をプレゼントしたい!でもそんな時どうする?これは口紅をプレゼントした人の体験談です
肌と同じように唇にも保湿ケアを!
肌と同じように唇にも保湿ケアが大切って知っていました?唇にも保湿が実は欠かせないのです。